ベトナムで外国人労働者を雇用する

ベトナムの外資企業はほとんど、外国人を雇用したいと考えています。この記事では、ベトナムの外国人雇用に関して頻繁にあがる質問と、最良の候補者を見つける方法についてお答えします。

ベトナムで外国人はどのポジションにつけるのでしょうか?

ベトナムの企業で、ベトナム人労働者に対する外国人労働者が占める事のできる割合を規定した法律はありません。しかし、外国人が就く事のできないポジションもあります。

ベトナムで外国人が就労できるのは、現地の人間には及ばない特別な技術が必要なポジションだけです。外国人労働者の必要性を証明しなければならないので、現地の人間が満たす事のできるポジションを外国人が埋めることはできません。

つまり、ベトナムの労働者が持ち合わせない特別な技術をもっていない限りは、外国人を雇用できません。

現実には、技術をもつ外国人の必要性を証明することは難しくありません。例えば、顧客が殆ど外国人であることはすでに英語を話す外国人を採用するための必要十分な理由になります。

ベトナムで外国人労働者を雇用する為に必要な条件はなんでしょうか?

現地人の代わりに外国籍の人間を雇用する理由が必要です。
言い換えれば、ポジションに特別な能力が必要であり、それがベトナムでは見つからない場合、外国人労働者を雇用することが正当化されます。

例えば、以下のような人間が必要なときです:
特定の言語が堪能なこと
ベトナムにはない技術(IT分野など)
国際経験

書類に関しては、外国人労働者を使用するというレポートと、雇用の理由を提出すれば十分です。それ以上に書類は要求されません。雇用開始日の30日前にレポートを提出しなければなりません。

ベトナム就職1年目のHanaです。世界放浪を経て、フィリピンの語学学校でビジネスで使えるような英語までなってから、満を持して人材紹介会社に登録してベトナムで就職しました。宜しくお願い致します。

日本企業が外国人・障害者の雇用を拡大しています。

日本企業7社が、介護や不動産業界を含め、東京にある人材派遣会社がスポンサーを行ったセミナーに参加した外国人の雇用に関心を示しています。
日本の会社は、慢性的な労働者不足、障害者の雇用法改正、海外進出、様々なジョブフェアを開催する就職斡旋業界の活発化という状況を反映して、外国人や障碍者の雇用を積極的に行っています。
来年4月の障害者雇用の法律改正に先立ち、企業が精神疾患や身体・知能障害のある人の雇用を拡大する一方、日本の外国人留学生は、女性やお年寄りに加えて、潜在的人材として注目を集めています。
この法律改正は、雇用者に、精神疾患のある人やその他障害者を雇用させることになるでしょう。
雇用の多様化の一環として、個性豊かな潜在的雇用者と多方面からのニーズを反映して、企業はすでにジョブフェアを開催しています。
日本の外国人留学生、主に東南アジア諸国の機関からの学生を対象にした人材会社のNODE Inc.は、9月中旬に東京でセミナーを開催しました。
日本企業7社が、介護や不動産業界を含め、東京にある人材派遣会社がスポンサーを行ったセミナーに参加した外国人の雇用に関心を示しました。
イベントに参加したのは、ベトナムやタイなどのASEAN諸国の学生30名程です。
参加した留学生が面接のアドバイスを受けた一方、参加企業は、将来の雇用者がどのように労働許可をを取得するかや、j外国人労働者を雇用するメリットの説明を受けました。
東京にある不動産仲介のタクトホームの人事責任者は、「私たちは、東南アジア市場へのアドバイスをする際のパートナーとなれる人材を探しています。」と述べました。
セミナーに参加したタイの留学生は「環境管理の専門知識を生かせる分野で働きたいです。日本とタイをつなぐ役割に就きたいです。」と述べました。
2014年の設立以来、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの留学生、そしてそれらの外国人留学生の雇用に関心をもつ企業を集め、ジョブマッチングセミナーを10回開催してきました。
政府援助を受けている日本学生支援機構によれば、2016年5月現在で、日本の外国人留学生の数は239,287人、その4分の1以上はASEAN諸国からであり、前年比14.8%増加だそうです。
NODEの職員は「年々、企業は即戦力となる人材を求める傾向にあります。」と述べています。
9月中旬には、リクルートスタッフィングは障害者の為に、20社、40名の求職者を集め、東京で面接会を開きました。
IT会社のテイクス株式会社の取締役、常世佳右氏は「精神疾患のある人の必須雇用に先立ち、長期的に働いてくれる人材を確保したいです」と述べました。
「応募者に直接会うことで、彼らの個性や特徴を理解できます。それは、履歴書からはわからないことです。」常世氏は面接会で話しました。
求職者も、そのようなイベントで一度にたくさんの仕事情報を得ることができ、参加者の1人は、「こんなに沢山の企業に出会えて嬉しい」と述べています。
イベントの他の参加者は「会社でどんな風に仕事ができるのか知る事ができて嬉しい」と話しています。
障害者向けの仕事と教育支援サービスを提供する株式会社リタリコの職員は「企業は、障害者との面接会を開催することを強く希望しています」と述べました。この会社は、リクルートスタッフィングと共催で9月に面接会を開催しました。

ベトナム就職1年目のHanaです。世界放浪を経て、フィリピンの語学学校でビジネスで使えるような英語までなってから、満を持して人材紹介会社に登録してベトナムで就職しました。宜しくお願い致します。