ベトナムで外国人労働者を雇用する

ベトナムの外資企業はほとんど、外国人を雇用したいと考えています。この記事では、ベトナムの外国人雇用に関して頻繁にあがる質問と、最良の候補者を見つける方法についてお答えします。

ベトナムで外国人はどのポジションにつけるのでしょうか?

ベトナムの企業で、ベトナム人労働者に対する外国人労働者が占める事のできる割合を規定した法律はありません。しかし、外国人が就く事のできないポジションもあります。

ベトナムで外国人が就労できるのは、現地の人間には及ばない特別な技術が必要なポジションだけです。外国人労働者の必要性を証明しなければならないので、現地の人間が満たす事のできるポジションを外国人が埋めることはできません。

つまり、ベトナムの労働者が持ち合わせない特別な技術をもっていない限りは、外国人を雇用できません。

現実には、技術をもつ外国人の必要性を証明することは難しくありません。例えば、顧客が殆ど外国人であることはすでに英語を話す外国人を採用するための必要十分な理由になります。

ベトナムで外国人労働者を雇用する為に必要な条件はなんでしょうか?

現地人の代わりに外国籍の人間を雇用する理由が必要です。
言い換えれば、ポジションに特別な能力が必要であり、それがベトナムでは見つからない場合、外国人労働者を雇用することが正当化されます。

例えば、以下のような人間が必要なときです:
特定の言語が堪能なこと
ベトナムにはない技術(IT分野など)
国際経験

書類に関しては、外国人労働者を使用するというレポートと、雇用の理由を提出すれば十分です。それ以上に書類は要求されません。雇用開始日の30日前にレポートを提出しなければなりません。

ベトナム就職1年目のHanaです。世界放浪を経て、フィリピンの語学学校でビジネスで使えるような英語までなってから、満を持して人材紹介会社に登録してベトナムで就職しました。宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です